タジン鍋レシピで健康的にダイエットブログ

トップページ >タジン鍋の種類> タジン鍋とは?由来など

タジン鍋とは?由来など

タジン鍋とは、マグリブ (北アフリカ) 地域の鍋料理。

もともとは、料理の際に使われる

陶製の土鍋のことだったそうです。


今では、料理もタジン鍋といいます。

とんがり帽子のような形の蓋が特徴的な独特な鍋を使い、
羊肉か鶏肉と、香辛料をかけた野菜を煮込んだものをいう。
主にモロッコ・アルジェリア・チュニジアで食される。

なお、チュニジアのタジン鍋はポットの形が違う。

もっと詳しくは、こちらでどうぞ
タジン鍋:ウィキペディア


タジン鍋だと、とんがり帽子みたいな

形のフタのおかげで、水分を効率よく

循環させることができます。


ですから、熱された野菜や肉から

出る蒸気が、フタの上部で冷やされて液化し、

フタを伝わって鍋の底にもどってくるので

少ない水分で、食材の水分を

活用した蒸し焼きなどの料理ができます。


日本のタジン鍋は、少しずつ形も

違って、仕上がりも違います。


それぞれ、食材のうまみがあって

ビタミンも減りにくいので

健康にもよくて、油など少なくても

美味しいから、ダイエットにも最適な料理です。


はじめは、形がユニークなので

買ってみたのですが、あまりに

美味しくできるので、今では

3つのタジン鍋をフル活用して

料理の実験をしています。

tajinnabe3.jpgのサムネール画像のサムネール画像

この中のくすんだオレンジが一番小さいサイズです。
これが空焚きもできます。

Clip to Evernote Page Top ▲